普段は某メーカーの総務人事として働いていますが、実はおむつケーキのオーダーも承っています。


by chiservice
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
またまたご無沙汰しています。
海外旅行ネタを。

といっても、1年半ほど前のことですが。
実は15年ぶりに韓国ソウルへいってきました。

15年もたっていたらそりゃ何もかも違う。きれいなビルとかおしゃれなお店とかできてるし。
でもベースはかわらない気がする。なんというか雑多な感じ?
特に明洞は、相変わらず渋谷みたいな感じで、15年ぶりでも受け入れてくれました(と思う)。
今や、街が若い!とも感じるほど。夜遅くに歩いていても危険ぽくないし(用心はしてね)、
東京とさほどかわりません。違うのは、屋台がおおいことぐらいか。

なによりも以前は、ガイドブックを片手に地図をみてあっちだこっちだとやっていたけど
今やスマホ。GPSですぐにどこにいるかわかっちゃうんだから便利な世の中ですね。
下調べしておかなくてもおいしいお店もスマホで探せるし、営業時間もすぐ調べられる。

たくさんおいしいものを食べましたが、この旅で一番のおいしかったのがこれです。
a0076262_22203630.jpg
ピョダギヘジャングクという食べ物だそうです。
麻浦地区というエリアにある「イルドゥンシッタン」というお店。
麻浦区庁駅から歩いて7〜8分のところにある食堂なんですが、これがまたわかりにくい!
ほぼ住宅街の中にある感じで、ブロガーさんの紹介をもとに行ったんだけど・・・
いやぁ、食堂というより、写真屋さんという感じの店構え。
やってるのかやってないのか・・・ハングルわからないし、店はあってるようだけど
通じるのか・・・。やってますか?ってなんていうのか。ドキドキしながら扉をあけたら
やっぱり韓国語で話しかけられて、片言の英語でなんとか言ったら座らせてもらえた!!

店の前の写真をとるのを忘れちゃったんだけど、中はこんな感じです↓こぎれいでした。
a0076262_22263218.jpg

メニューはそんなになかったので、よかったー。
事前情報で6000Wと聞いていたので、一番上を注文。
その下はいったいなんだったのか・・・

でもこれが本当においしかった。
やまほどのお肉にご飯、キムチがついて日本円で約600円
お得〜♩
これ、どうやら豚肉の背骨肉とシレギという部位で、それがトロットロに煮込まれています。
教えてくれたブロガーさんもトロットロと言っていたけど、本当にトロットロ。
口の中でほろほろっとほどけます。見た目以上に本当においしかった!

参考にしたブロガーさんの言う通り、近所で働いているっぽい人がランチようにテイクアウトしていて
近くに働いていたら私も絶対買いにくるな。と、思う逸品でした〜。

韓国行く方、ここはぜひ!
相当玄人店ですが、ハングルできなくても、優しいおばちゃんががんばって会話してくれます!

一等食堂
ソウル特別区 麻浦区 望遠洞476-1
02-333-0361

行き方:
麻浦区庁駅 5番出口を出たら大通りを道なりにまっすぐ歩きます。
携帯屋さん(allhe)の信号を渡り、ウォンハルモニポッサムさんの手前を右に曲がります。(このへんですでに住宅っぽくなる)あまり車の通らない広めの道を少し歩くと右手に公園のようなのがあって、その向かい側だった気がします。
青っぽい入り口です。

[PR]
# by chiservice | 2015-12-05 22:37 | 旅行記 海外
誰がみているかわかりませんが、ご無沙汰しています!
2年ぶり?すっかり存在を忘れていました。笑
久しぶりに投稿してみようかと・・・。

さて、先月のシルバーウィーク
数年ぶりの5連休でしたね。
どこにもいかないのもつまらないので、九州までいってきました。
初日の羽田空港、朝7時でもかなりの人がいました。
多くの方々が沖縄便に乗っている中、私は大分行き。それでも満席でした〜。

飛行機で1時間ちょっと。あっという間です。
大分は、飛行機でいったことがなかったんだけれど、
温泉県のバゲッジクレームは粋なものが回っていました。笑
a0076262_18104047.jpg


快晴の大分。
とりあえずおいしいお寿司を!
向かったところは、こちら。
a0076262_18121367.jpg


なかなかいいお店でした。
関あじ、関さばの地魚スペシャルをオーダー。
右手前2番目のたこのお寿司はサービスで入れてくれたんだけれど
これが本当においしくて感動しました〜。次いってもこれ食べたい。
a0076262_181449.jpg


a0076262_18151928.jpg

お寿司屋さんだけどなぜかあったからとり天も一応オーダーし、ごちそうさまでした〜。大満足。

続いて向かうは別府温泉の老舗?明礬温泉。
湯の花の元祖。
硫黄のにおいがぷんぷんして、お風呂は白濁で空は青空。
写真をとりたかったけど、さすがにそれはできなかった。お見せできず残念です。
なんだか濃厚で効果抜群な感じのすごくよい温泉でした。
a0076262_18175651.jpg


日帰り温泉もありますよ。ここに入りました。600円。
a0076262_18191381.jpg


その後は、大分県立美術館 OPAMへ
今年の5月にOPENした新しい美術館です。
建物がすごくすてき。開放的なガラス張りで、美術館にもっとみんなが来れるような
憩いの場になるように作られたそうです。

まず入り口がこちら。
a0076262_1821137.jpg


緑とのコントラストもすてきです。
別の角度から。
a0076262_18215757.jpg


中に入るとたまごのオブジェがお出迎え。
これ、実はすごく軽くて、押すとおきあがりこぼしのように揺れます。
a0076262_18224348.jpg


1階にも2階にも休憩スペースがたくさんあって、開放感のあるすてきな美術館でした。
実は訳あって展示室には入らなかったんだけど。
建物を十分楽しめたのでよかった〜。
a0076262_18253413.jpg


きれいな夕日をみながら、一旦ホテルへ。
a0076262_18244491.jpg


夜は、大人気の鳥やさんへ。
炭焼きの鳥が絶品です。骨付きと骨なしがあって、骨なしが食べやすいです。
昔はもっとおいしかったという噂だけど・・・。あごが弱い人は厳しいかも!?
予約して早めにいかないとすぐにお料理が品切れしてしまうのでご注意。
夜8時ですでにもう何もありませんでした。
a0076262_1826553.jpg


2日目につづく
[PR]
# by chiservice | 2015-10-04 18:29 | 旅行記 日本

みさきまぐろきっぷ

みなさん、これご存知でしょうかー。

「みさきまぐろきっぷ」
a0076262_1371593.jpg


京急電鉄が出している、超お得なきっぷなんです。

先日偶然、いつもは乗らない京急に人身事故の振替輸送で乗ったのが運命の出会い。
ものすごい人ごみの中、私の横にこれでもかー!と宣伝してきたのがこのきっぷの広告。

なんとなく気になって、後日調べてみたらこれ相当お得な感じ!
ってことで、早速体験してきました。(京急さんの思うつぼ?笑)

このきっぷは事前に予約とか必要ありません。
行きたい日に、京急の駅で購入できます。

さっそく品川駅へ。
窓口で購入。1人2980円です。
品川駅まではJRで向かったので、そこまでのきっぷを見せれば乗り換え口でも購入できます。

お得その①品川⇄三崎口までの往復電車代込み。往復1800円。

「三崎口」までは1時間5分くらい。
品川駅から直通で行けるので、ひたすら遠足気分で座っていれば到着します。
京急久里浜行きでも大丈夫。久里浜のもう少し先だから、あと少し乗り換えれば良いのです。

新幹線みたいな電車もあるので本当に遠足気分。
お茶とお菓子も遠慮なく食べれます!笑

さて、到着〜。10時半くらいの電車に乗ったので11時半頃に着きました。
a0076262_13154813.jpg

快晴!まぐろ日和!

とりあえず、駅で売っていたまぐろコロッケを購入。ひとつ100円。(これは別料金。当たり前?)
まぐろの味がしました!お昼前でお腹すいてたからぺろり〜。
a0076262_13184151.jpg


このきっぷ、電車往復だけではありません。
お得その②
三崎口から三崎港までのバスだって、フリー! 
整理券式だけど、三崎口→三崎港は290円

バスにゆられること10分くらいで、三崎港へ。
到着〜

a0076262_1319755.jpg


潮の香りが漂います。
そして、目に飛び込んでくるのが、まぐろのカマ!!
a0076262_13194478.jpg


豪快、立派です。
もうひとつ!
a0076262_1320452.jpg


イカも天日干し。
a0076262_13202756.jpg


何か買いたくなる気持ちをぐっとこらえて・・・。
お昼ご飯に向かいます。

お得その③
このチケットには、お昼ご飯チケットもついています。
チケットに参加しているお店が40店舗くらいあるので、パンフレットから気になるお店を選びます。
あとは、ただそのお店に向かうだけ。

われわれは、とろとろ丼という名前に惹かれ、三崎港へやってきたというわけです。
いくつかエリアがあって、それぞれに美味しそうなお寿司屋さんや丼ものやさんや、焼き物屋さんが。

今回選んだのはこちら。
紀の代さん。
a0076262_13233077.jpg


このお店でチケットで食べられるのはこの、とろとろ丼。1800円。
a0076262_13235949.jpg


もちろん、他のお料理も追加オーダーできますが、しなくても全く問題なし!

そして出てきたのが〜こちら!
a0076262_13244310.jpg


漬け、びんちょう、ねぎとろ、ユッケがこれでもかー!と乗っています。
他に、お味噌汁と突き出しも。
周りを観察すると、チケットを使わずに、普通に訪れている人も食べていました。
ご飯のボリュームもかなりあって、これは相当なお得感。

美味しかった〜。

実はこのあと食後のデザートも。笑
かわいいドーナツ屋さんがあって、ついつい入っちゃいました。
a0076262_1345553.jpg

a0076262_1346711.jpg

昔のお家を改装した、おしゃれなお店でした〜。(これは別料金)

他にもちょっとした小洒落たお店があるんですよー。
a0076262_1346231.jpg

a0076262_13461631.jpg



お腹も満たされたところで。
このチケット、これだけではないんです。

お得その④
アトラクションがついてくる。
日帰り温泉2カ所、油壺マリンパーク、水中観光船 からひとつチョイスできるんです。
我々の次なる目的地は・・・。
油壺マリンパーク!! こちらの入館料は1700円。
a0076262_1331448.jpg


もちろん、これもチケットで!
さらにはこの水族館へもバスで行けます。もちろん、フリー。

入ってみると・・・。
人が少ない!! 見やすい!笑
この水族館のなんといってもステキなところは、こちら。
ドーナツ水槽。
360度水槽です。
a0076262_1334057.jpg

a0076262_1334999.jpg

a0076262_1334226.jpg


クラゲ大好きな人(自分)にも安心、くらげちゃんもいましたー。
a0076262_13353138.jpg


ほかに、こ〜んなひれの長いお魚や、
a0076262_13355513.jpg


外にはペンギンも。
よくある囲いがあまりなくて、触ろうと思ったら触れそう。(触るのは禁止です)
a0076262_13362446.jpg

a0076262_13363857.jpg


もちろん、イルカ&アシカショーだってありますよ!
a0076262_1337312.jpg

a0076262_1337158.jpg


クリスマスバージョンのショーになっていました。
見応え十分!

お客さんも少ないので、人の頭が邪魔だったり、なかなか次に進めないなんてこともなく、
椅子も空いているから、ゆったりと見ることができます。笑
イルカショーだって、ギリギリにいっても全然平気!(会場に、100人くらいはいましたよ!)

油壺マリンパークは、海沿いにあるので、そこからの夕陽もキレイでした〜。
a0076262_13402375.jpg


お土産だって買えますよ!
a0076262_13441379.jpg


さて。
これらが全て、チケットについてくるんだから、お得ですよね〜。
2980円のチケットですが、
交通費 往復1800円
バス     往復  580円
ご飯     1800円
水族館        1700円
計          5880円
チケット      ー2980円
お得分        2900円!!!

2900円以上のお得感タップリのチケットでした〜。
これはまた行きます。
[PR]
# by chiservice | 2013-12-07 13:51 | 旅行記 日本
北欧の有名なインテリアデザイナー
Alvar Aaltoのデザインするペンダントライトを
手に入れました。

a0076262_1856249.jpg


手に入れたといっても、ポスターですが。

本物を部屋に飾るにはそんなに広さもないし、何より高くて手が出せない。
でも、ポスターをきちんと額に入れて何気なくテーブルに立てかけるだけで
部屋の雰囲気をがらっと替えてくれました。

ポスター:3900円、
額:IKEAにて1000円くらいだったかな?

ついでに、キノコの絵も額に入れてみたら
すっかり北欧風に様変わり〜。

お気に入りのコーナーです。

ちなみに本物はこれです。
a0076262_1915650.jpg


Louis PaulsenのPH5もいいな〜。
a0076262_1924685.jpg


Frank Lloyd WrightのTriesinもすてきだな〜。
a0076262_1952250.jpg


どれもこれもステキですね。
いつか、手に入れたいな〜。
[PR]
# by chiservice | 2013-11-23 19:04 | おすすめ

十和田市現代美術館

青森旅行。

十和田市現代美術館にも行ってきました。
美術館が大好き。
キノコが大好き。
両方を一度に楽しめる、それはそれはステキな美術館です。
a0076262_23493830.jpg


日本の美術館はどうして写真NGなんでしょうか。
そんな中でも、珍しく一部写真を撮らせてくれる美術館です。
(NGの部分も多かったけど)

a0076262_23372458.jpg


草間作品
a0076262_23453556.jpg

a0076262_23395566.jpg

a0076262_2347547.jpg

a0076262_2347777.jpg


奈良美智作品
a0076262_23452714.jpg
a0076262_23435768.jpg



a0076262_23481176.jpg

a0076262_234711100.jpg


見応え十分!
[PR]
# by chiservice | 2013-08-31 23:50 | 旅行記 日本

奥入瀬

すっかりさぼり気味のブログ

前回の投稿は、なんとGWの内容!
かれこれ4ヶ月くらい経ってるし・・・。

もはや何から書いていいのかわからないけど、この4ヶ月の間に
色々行きましたので、少しずつ。
もはや誰も見にきてくれてないかもしれないけど、自分の記録。

6月の1周目、青森県へいってきました。
a0076262_23243491.jpg


あこがれの奥入瀬。
実は2回目なんですが、何度でも何時間でも何日でもぼ〜っと見ていられる
不思議なパワーのある空間です。

奥入瀬は、十和田湖に伸びている川。
世界遺産です。

一歩入れば、緑が生い茂り、川が流れ、滝があり、マイナスイオンが出まくり。
運良くお天気にも恵まれたので、存分に自然エネルギーを吸収してきました。

宿は、奥入瀬渓流ホテル。
ここは、まぁ・・・普通?
せっかくステキな感じのホテルなんだけど、この辺のホテルはこれくらいしかないのか、
修学旅行生や団体客が山ほどいて、ちょっと残念な感じでした。
ご飯も、団体さんの中で食べないといけなくて、お料理もうーむ。
でも、オプションで朝ご飯を川沿いのオープンデッキで食べることにしたら
何とも素敵!
川のせせらぎを聞きながら、おいしい朝の空気を存分に吸いながら美味しいご飯を
食べてきました〜。
a0076262_2325494.jpg
a0076262_23253954.jpg

a0076262_2326316.jpg


さて、奥入瀬に入ります。
a0076262_23265196.jpg

a0076262_23262872.jpg


奥入瀬、歩くと何キロ?10キロくらい?
とにかくずーっと果てしなく続いていて、足元も山道なので、ずんずん歩くと、
周りを楽しむ余裕がなく、かといってのんびりしてるといつまでも終わらない。
レンタカーをして行ったんだけど、どこかに止めて、歩くとなると
結局車を取りに戻らないといけないから、なかなか難しかった。

車で通ればあっという間の距離でも、歩くとそりゃ〜なかなかのいい運動。
所々にViewPointがあるのでそこを目指して進みます。
たいていは、立派な滝がそのポイントになっています。

有名な阿修羅の流れや、
a0076262_23352695.jpg
a0076262_23351359.jpg

a0076262_23272612.jpg

a0076262_23292560.jpg


雲井の滝や
a0076262_2328349.jpg


銚子大滝
a0076262_23292332.jpg


時間があれば何時間でもぼけーっとしていたい不思議な空間です。
[PR]
# by chiservice | 2013-08-31 23:36 | 旅行記 日本

GW四国旅行 〜小豆島〜

四国旅行、徳島に続いて行ったのが・・・
小豆島!!

実は2回目の上陸です。
毎回、快晴!(自称、晴れ女!)

小豆島は、高松からフェリーに乗って行きます。
車をフェリーに乗せて渡れるので便利。
交通費は往復で9000円くらいだったかなぁ。
車も乗せると案外高いですね。

高松港から1時間くらいだったかな。
a0076262_13464155.jpg


海も穏やか、空は快晴!!
a0076262_13474427.jpg


a0076262_1134634.jpg


さて。
小豆島と言えば、エンジェルロード!
ここ、潮がひいているときだけ道が現れるらしく。
たまたま到着した時がまさに、引き始めでした。

a0076262_23412899.jpg


歩いて渡れるみたいだけど、ま、いいかな〜と思って、
でもせっかくなので上からも見てきました。
a0076262_2342649.jpg


本当に快晴で、気持ちよかった〜。
快晴の小豆島で飲むオリーブソーダもおいしかった!
a0076262_23425459.jpg


このソーダ、東京に戻って家の近所の雑貨屋に、売ってましたけど・・・。笑
東京って何でもありますね。

前回無かったお店がこれ。
井上誠耕園
a0076262_23453877.jpg


オリーブオイルのお店です。
中はおしゃれでついつい買いたくなるものばかり。
このお店がやっているカフェレストランも大人気です。

ちょっと山の上の方にあるんです。
a0076262_23481382.jpg


街の中はそんなに混んでいないのに、このお店はすっご〜く混んでました。
11時半くらいに行ったのに、すでに1時間待ち。

待ちきれないので、電話をもらうことにしてひとまず退散。
道中が狭いので、すれ違うのも一苦労です。

結局別のお店で食べてしまったんだけれど、
次回行ったらぜひ食べたいなぁ。

それから・・・。
小豆島と言えばやっぱりこれ。
醤油です。

マルキン醤油やタケサン醤油。
小豆島は、オリーブだけではないんです。
ふる〜いお醤油工場が残っています。
a0076262_23501757.jpg


絶品なのが、ここの、お醤油ソフトクリーム!!
キャラメルみたいな味で、本当に絶品!
小豆島に来たら、絶対これ食べてください。250円。
a0076262_23512849.jpg


東京で食べれるようにならないかな〜。

海もキレイだし、
a0076262_23532359.jpg

a0076262_23542732.jpg

a0076262_2356344.jpg


山もあるし
a0076262_23535967.jpg


野生の猿もいっぱいいるし!
a0076262_2356494.jpg


さらに、瀬戸内国際芸術祭の名残で
こ〜んなおしゃれなカフェまで出来ていました!
元々は農協の事務所だったらしいけど。笑

a0076262_2359245.jpg


小豆島はいいところだな〜。
[PR]
# by chiservice | 2013-07-23 00:00 | 旅行記 日本

徳島 海女料理

さぼりまくったブログ。。。

かなり前のことですが。
GWに行った四国。

徳島で「海女料理」を食べました。
徳島に住んでいる友人に教えてもらって、彼女と一緒に。
旦那さんが、海老アレルギーだそうで、来てから一度も食べに行けなかったので
ぜひとも行きたい!と。
そりゃ〜、大歓迎☆

と、着いたところは、松明の炊かれたお店で、周りにはな〜んにもない漁港の近く。

その名の通り、豪快に海の幸を炭火焼にして食べます。
もちろん、新鮮そのものなので、お刺身でも!!

あわび、伊勢エビ、ホタテ、さざえ、牡蠣、とにかく豪快に!

a0076262_13383188.jpg


a0076262_13381645.jpg


a0076262_13383325.jpg


a0076262_13395338.jpg


a0076262_13392031.jpg


すごいでしょ。
アワビのお刺身が最高においしかった〜!!
1年分くらいの海鮮を食べました〜!!
あー満足☆

徳島に行くことがあれば、海鮮アレルギーがなければぜひ!
今回は、伊勢エビのお刺身が食べたかったので8000円コースにしました。
十分満足ですよ。

海女料理
ししくい
http://sisikui.com/
[PR]
# by chiservice | 2013-07-20 13:44 | 旅行記 日本
さて、腹ごしらえをしたところで。
次なる目的地は徳島県。

高松空港から南下した山の中にあるかずら橋。
a0076262_15492884.jpg


それはそれは恐ろしい吊り橋があるとか。

途中、山越えをするんですが、この道がすごかった。
祖谷渓谷を越えて行きます。
途中の祖谷温泉にも入りたかったけど、予定も詰まっていることだし
温泉は次回に持ち越しで、とにかくかずら橋をめざし・・・
たどり着いたところは、あまりに近代的な施設でした。(ちょっとがっかり)

かずら橋を渡るのも一方通行な上に、橋の手前に、関所が。
大人1人500円取られました。渡るだけなのに・・・。
ちゃっかりしてまんなー。

でも、これが本当に恐ろしい橋で・・・
私、高いところとかこういう吊り橋とかそんなに問題ないと思っていましたが
この橋は、相当でした。
スニーカー履いてくればよかったと、心底思った・・・。

それがこれ。じゃーん。
a0076262_15503824.jpg


カメラを手に渡るのは至難の業。
そうとう怖かったけど、どうしても撮りたいし。
一眼レフとiPhoneを持って、片手は橋の手すりを離せず。
どうやって撮影するのよ。
手がガチでした。

努力の賜物の写真がこれ。
a0076262_15514676.jpg

a0076262_155201.jpg


揺れるし、足元、スカスカだし。
いやー、こんなスリリングな吊り橋は初めてでした。
もういいや。笑

でも、橋の下の川はそれはそれはキレイだった〜。
a0076262_15523425.jpg


全景はこんな感じ。
a0076262_15535582.jpg


あー、こわかった。
[PR]
# by chiservice | 2013-04-30 15:54 | 旅行記 日本
お久しぶりです。
さぼりまくっていた期間に、四国へ行ってきました。
高松と徳島へ。

GW!うどんを死ぬほど食べよう!の旅行です。
朝から快晴!
話題のボーイング787が待機しているのを横目に飛び立ちました。
a0076262_154223100.jpg

a0076262_15432578.jpg


飛行機の中から、江ノ島もくっきりみえた。
いいことありそう〜。
a0076262_1543770.jpg


とりあえず、高松に到着して向かった先はもちろんうどん。

朝9時過ぎ到着の飛行機だったので、さすがに空いているだろうと思っていたら
すでにならんでました。

四国(香川)のマスコット的おばあちゃん、池上るみばぁちゃんのお店です。

a0076262_15394343.jpg


OPENは10時で、到着したのが9:50頃。
すでに30人くらいならんでいました。恐るべし。

でも、オープンすれば案外あっさり入れて、
やっぱり釜たまでしょう。
釜たまは、温かいうどんに溶いた生卵を落としたもの。
卵掛けご飯のうどん版。

うどんがもっちもち。
250円
a0076262_15412661.jpg

[PR]
# by chiservice | 2013-04-30 15:44 | 旅行記 日本